2014年01月15日

第28回 感状山城跡

別名は瓜生城。
新田義貞が攻めてきた際、赤松則祐(あかまつそくゆう)の功績をたたえ、
足利尊氏より「感謝状」をたまわったので、この名がついた。
出土品の一部は、相生歴史民俗資料館に展示。
(引用:歴史資料館だより 第59号)



IMG_9033.jpg

IMG_9017.jpg
【感状山跡 2014.01.15撮影】

IMG_9031.jpg
【感状山 頂上付近より】



posted by staff-s at 11:42| Comment(0) | 由来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

第27回 慈眼寺(じげんじ)の梵鐘(ぼんしょう)

室町時代、日本へ来た朝鮮半島民族がつくり、明治11年、ここへわたる。
昭和58年、市指定文化財
(引用:歴史資料館だより 第18号)


IMG_8933.jpg
(2013.12.12撮影)

IMG_8935.jpg
(慈眼寺の梵鐘 2013.12.12撮影)

IMG_8936.jpg
(慈眼寺 2013.12.12撮影)

posted by staff-s at 13:21| Comment(0) | こぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

第26回 矢野金峯(きんぷう)神社の柄杓(ひしゃく)絵馬

1830年伊勢神社の遷宮お翌年、参拝した記念に奉納。12本の柄杓をつけた形状の絵馬・
(引用:歴史資料館だより 第164号)


金峯神社.jpg
【金峯神社 2013.10.30撮影】

金峯説明.jpg
【2013.10.30撮影】

金峯えま.jpg
【柄杓絵馬 2013.10.30撮影】



〈第25回目を過ぎて皆様へ〉
皆様のお陰をもちまして、この度時代で迎えるところの四半世紀の回数目を迎えることができました。ありがとうございます!
つたないながらも手探りでコーナーをやって参りました。以降も当枠共々各番組をよろしくお願いします。
ご意見やご感想がございましたら遠慮なく相生らじおまでお寄せください。
こののちもみなさまの目線にたったラジオであり続けるよう努力いたしてゆく所存です。
posted by staff-s at 23:58| Comment(0) | こぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

第25回 田んぼの中の古墳

那波野古墳の真向かいで北側にある「塚森古墳」は、播磨地方でも珍しい平地の田んぼで土を盛ってつくられた円墳です。
(引用:歴史資料館だより 第139号)



塚森古墳.jpg
【塚森古墳2013.10.03撮影】

posted by staff-s at 21:05| Comment(0) | なりたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

第24回 唐端清太郎

この名前を知っている人々も減少傾向の中、
今、生きる私達市民、そして、これからの将来へ
語り継ぎたい思い出紹介します。
(引用:歴史資料館だより 第125号)


唐端清太郎碑.jpg
【2013.09.12撮影 雨香園にて】

posted by staff-s at 22:56| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。