2015年05月22日

第43回 スマダの河童

相生湾東部に遠見山(とおみやま)山裾に「角谷(すまだに)の池」があります。地元の人は「スマダの池」と呼んでいます。スマダの池には河童が住んでいるという伝説があります。今回はふるさと相生つれづれ草より角谷の池にまつわる河童の話をお送りします。


すまだに池(.jpg
〜sakki談〜
河童は「ガタロ」と言うようです。
「河童が相撲をとろうと言ったらお辞儀をさせてお皿の水をこぼさせなさい。弱くなるから」という話はなんとも面白いもんですね。
P5080800.jpg
この鳥は何を見ているのでしょうね


posted by staff-s at 17:42| Comment(0) | こぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第42回 豆煎荒神(まめいりこうじん)の由来

IMG_9650.jpg那波八幡神社から東方の山腹に通称「豆煎荒神(まめいりこうじん」」と呼ばれる神社があります。代々岡田家の荒神といわれていますが、今は参拝する人は少ないようです。
今回はなぜ豆煎荒神という名がついたのか
由来については他にもありますが、今回はふるさと相生つれづれ草よりお届けします。



豆煎り荒神1.jpg

豆煎り荒神2.jpg

〜sakki談〜
「豆煎り荒神」は通称で「三宝荒神社」と言われている。
相生ふるさと散歩によると、1157年(保元2年)に再建したというから、およそ850年前にできたもの。
建物は当時のままかどうかはわかりませんが、風格はうなずけます。
posted by staff-s at 17:28| Comment(0) | 由来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第41回 佐方(さがた)の八幡伝説

相生から赤穂に抜ける高取峠のふもとに佐方という地域があります。
そこには佐方八幡神社があり、その由来についてはいろいろあるようですが
今回はその中の一つをお届けします。





~sakki談~
佐方八幡神社の由来については那波八幡神社の瓦を使って社殿をたてたという話もあります。




posted by staff-s at 16:38| Comment(0) | 由来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

第40回 横山の魚見(ととみ)

相生湾はボラやコノシロなどの魚の宝庫でした。
江戸時代にはみごとなチームワークを使って漁がおこなわれていたようです。
【引用:遠見山案内板より】
KIMG1191.jpg
【遠見山から相生湾を望む】
[ここに地図が表示されます]


〜sakki談〜
横山という場所は今は遠見山と言って相生湾の東側の突端の金ヶ崎より少し北に位置します。遠見山からは相生湾が一望出来ます。昭和の初めに遠見山を開墾して梅を植えていたようですが火事で燃えてしまったということがありました。ここ最近では桜のオーナーになるというイベントが3年ほど続けてありました。遠見山が桜の名所になる日も近いでしょう。

posted by staff-s at 16:21| Comment(0) | こぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

第39回 犬塚五輪塔

第38回でお届けした三本卒塔婆に五輪塔があります。この五輪塔は「三本卒塔婆の伝説」に登場する主人に忠義をはたして命を落とした忠犬を偲んでたてたといわれています。
【引用:相生市ホームページ】
CIMG1309.jpg
【2007.02 撮影】
[ここに地図が表示されます]


〜sakki談〜
五輪塔のすぐそばに、死んだ犬たちに寄り添うようにえどひがん桜と椿が立っています。
桜は犬塚の桜といわれ、以前はみごとな大木の桜でした。根元からひこばえが出てきてました。
しかしある年の台風で倒れてしまいました。
親の桜は倒れてしまいましたが、子どものひこばえは親から栄養をもらって、大きくなってきています。
市内の桜より少し遅く満開になるようです。ピンクの色が濃く、とてもかわいい桜です。
桜の周りは公園になっており、数年前に養父市の「樽見の桜」の苗木が植えられました。
こちらも大きくなるのが楽しみです。
IMG_2085.jpg
posted by staff-s at 23:19| Comment(0) | なりたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。