2012年06月08日

第5回 天ヶ台の伝説

天ヶ台の名前は豊臣秀吉がこの山で指揮をとり、天下を取ったためとの言い伝えは事実ではなく、
秀吉が天ヶ台山頂にお祀りした「稲荷社」を大切にしたため、天下をとれたからといわれています。


posted by staff-s at 23:53| Comment(0) | 伝説 | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

第30回金ヶ崎馬岩(かながさきうまいわ)の白狐

万葉の岬の海辺で白い狐を助けた漁師とその恩返し
(引用:歴史資料館だより 第98号)



画像 014.jpg
【2014.03.19撮影】



~sakki談~
鰯浜地区に入る入り口を突き当りまで行くと
海岸に沿った遊歩道があります。
その遊歩道を20分ほど歩くと金ケ崎の海岸までいきます。
ちゃんと舗装されていて歩きやすくなっています。
なんといっても相生湾を抜けて瀬戸内海が一面に仰ぐことが出来、
その景色は素晴らしいものです。
posted by staff-s at 09:39| Comment(0) | 伝説 | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

第38回三本卒塔婆の伝説

三農山のふもとに三本卒塔婆(さんぼんそとば)という名前の場所があります。
そこには地名の由来にかかわる秦河勝(はたのかわかつ)にまつわる伝説があります。
なぜ卒塔婆なのか。。。 
なぜ三本なのか。。。
どうぞお聞きください。


【引用:矢野ふるさと散歩】IMG_2084.jpg
【2013.04.08撮影】

[ここに地図が表示されます]


~sakki談~
大蛇が出てくる伝説ですが、地元には実際大蛇を見たことがあるという話もあります。
http://www.page.sannet.ne.jp/mahekawa/inuzuka.htm









posted by staff-s at 21:12| Comment(0) | 伝説 | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

第44回神崎与五郎の孝行井戸

神崎与五郎は赤穂四十七士の一です。彼は藩中でも親孝行で有名だったそうです
その頃は相生市那波は赤穂藩でした。そこに与五郎は母親と住んでいました。
与五郎にまつわる伝説が那波に残っています


孝行井戸.jpg







~sakki談~
有志の方たちにより今はきれいに整備されている。
posted by staff-s at 00:02| Comment(0) | 伝説 | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

第46回 感状山姫君伝説

相生市矢野町にある感状山には二人の姫の伝説があります。
どんな伝説なのかお聞きください。

【私説相生野史 落穂拾遺集 石田武著より】

IMG_9650.jpg
【かくまわれていたという藤堂村 2016.2.17】

~sakki談~
姫君がかくまわれていたという藤堂は、相生市矢野町森にあります。今は8件の家しかありませんが、その裏手には感状山城に奉公していた人たちの家屋があったといわれている場所があり、その奥には感状山に上る入口があります。そこは今もな400年時を経てなお石積があり、当時の生活が偲ばれます。

[ここに地図が表示されます]


posted by staff-s at 00:06| Comment(0) | 伝説 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。