2016年02月19日

第46回 感状山姫君伝説

相生市矢野町にある感状山には二人の姫の伝説があります。
どんな伝説なのかお聞きください。

【私説相生野史 落穂拾遺集 石田武著より】

IMG_9650.jpg
【かくまわれていたという藤堂村 2016.2.17】

〜sakki談〜
姫君がかくまわれていたという藤堂は、相生市矢野町森にあります。今は8件の家しかありませんが、その裏手には感状山城に奉公していた人たちの家屋があったといわれている場所があり、その奥には感状山に上る入口があります。そこは今もな400年時を経てなお石積があり、当時の生活が偲ばれます。

[ここに地図が表示されます]


posted by staff-s at 00:06| Comment(0) | 伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。