2015年05月22日

第42回 豆煎荒神(まめいりこうじん)の由来

IMG_9650.jpg那波八幡神社から東方の山腹に通称「豆煎荒神(まめいりこうじん」」と呼ばれる神社があります。代々岡田家の荒神といわれていますが、今は参拝する人は少ないようです。
今回はなぜ豆煎荒神という名がついたのか
由来については他にもありますが、今回はふるさと相生つれづれ草よりお届けします。



豆煎り荒神1.jpg

豆煎り荒神2.jpg

~sakki談~
「豆煎り荒神」は通称で「三宝荒神社」と言われている。
相生ふるさと散歩によると、1157年(保元2年)に再建したというから、およそ850年前にできたもの。
建物は当時のままかどうかはわかりませんが、風格はうなずけます。
posted by staff-s at 17:28| Comment(0) | 由来 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。