2012年06月19日

第8回 雨内の地名と雨宿りの栗の木

相生に「雨」のつく地名があります。
秦河勝がこの村の民家で雨をしのいだことから「雨内村」と名づけた説や、
歌人の和泉式部が、栗の木の枝で雨宿りが出来、残した和歌からとった説があります。

「雨宿りの栗の木」は接ぎ木として那波本町」の得乗寺に植えられています。


引用:歴史資料館だより 第47号,第153号
   相生市教育委員会「文学碑案内」



【和泉式部石碑】



【得乗寺】

IMG_1388.jpg 【雨宿りの栗の木 得乗寺】

posted by staff-s at 09:16| Comment(1) | 由来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は見たの初めてです。
元の栗の木はさらに迫力があったんでしょうね
Posted by aioi joe at 2012年06月28日 01:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。