2014年09月09日

第35回 嫌われた秀吉

戦国の世、秀吉軍二万余騎は播磨平定のため上月城に攻め上る途中、相生の地に
も攻め寄せてきました。
大河ドラマ「軍師官兵衛」そのままの史実がここにあります。
秀吉の天下となってもなお秀吉を恨み続けた那波浦の人々。
朝鮮出兵の際には徴兵に応じずに大半の村の人々が逃げ出したという伝承が残っ
ています。
(引用:ふるさと相生つれづれ草)

那波浦.jpg
【那波港(左の山は大島山、右に見える山は丘の台) 2014.09.18撮影】
[ここに地図が表示されます]




posted by staff-s at 09:54| Comment(0) | こぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。